会社沿革

昭和38年11月 愛知県碧南市において筒井工業所 創業
昭和43年2月 日本で初めて粉体塗装の実用化に成功する
昭和44年12月 筒井工業株式会社として法人設立
昭和48年11月 愛知県半田市に新工場落成
昭和51年4月 半田工場に全面移転し、本社とする
昭和61年6月 プラズマ溶射加工に進出
平成4年1月 粉体塗装塗膜のJIS制定
平成9年9月 『木調粉体塗装』の商品化に成功し、量産開始
平成11年4月 ISO9001:1994取得
平成15年5月 ISO9001:2000 に移行完了
平成15年6月 中部国際空港天井パネル35,000㎡に高耐候性ポリエステル粉体塗装施工
平成15年8月 『TPCエポキシ鉄筋』(エポキシ樹脂塗装鉄筋)の専用ラインが完成し、製造販売を開始
平成18年5月 プラズマ溶射機を増設し、プラズマ溶射事業に本格進出
平成22年1月 重耐塩仕様粉体塗装を確立し、顧客提案を開始
平成22年3月 ISO9001:2008 に移行完了
平成23年8月 溶融亜鉛メッキの『リン酸処理(低光沢処理)』事業に進出
平成23年10月 ビル外装建材への粉体塗装事業に進出・クロスコートタワー(名古屋)スチールストリンガーへ高耐候性ポリエステル粉体塗装施工
・渋谷駅東口渡り廊下(東京)スチールカーテンウオールへフッ素樹脂粉体塗装施工
平成24年9月 新型立体的擬木調 『CPT粉体塗装』を開発し、製造・販売を開始
平成26年10月 クロムフリー化成処理(アルミニウム用ジルコニウム系化成)設備を導入し、量産安定化技術の確立に向け研究を本格化
平成26年12月 リン酸処理風粉体塗装の開発に成功し、量産開始。
平成28年1月 サンドブラスト及びアーク溶射装置の稼働を開始。
平成28年4月 ABA中部支部 勉強会を主催し、塗装における前処理(素地調整)の重要性を訴える。