施行実績

中部国際空港

中部国際空港 天井パネル粉体塗装 施工写真

平成17年2月25日撮影
筒井工業株式会社
基材:新日鉄スーパーダイマ鋼板(亜鉛・アルミ・マグネシウム複合メッキ)パンチング加工品
総処理数:35,000m2
基本寸法:1.4m×2.9m 直角三角形パネル
塗装仕様:リン酸亜鉛皮膜処理+ 高耐候性ポリエステル樹脂系静電粉体塗装60μm以上 (当初溶剤型ウレタン仕様をVE提案で仕様変更。心配されていたパンチングコグチ面の塗膜のノリ具合も、粉体塗装にすることで塗料が十分回り込み満足して頂いた)
塗装時期:2003年(平成15年)6月~12月
塗装色:DIC G257(1版) 半艶

tpc02.jpg

重防食塗装

防風フェンスへの粉体塗装
母材:溶融亜鉛めっき鋼材
下地処理:リン酸亜鉛皮膜処理+特殊防錆処理(重塩害地仕様)
塗料:ポリエステル樹脂粉体塗装

重防食塗装

道路資材

大型標識柱等への粉体塗装
母材:溶融亜鉛めっき鋼材
下地処理:リン酸亜鉛皮膜処理
塗料:ポリエステル樹脂粉体塗装 または フッ素樹脂粉体塗装

道路資材

支保工

通水用トンネルの支保工内フランジ面に防錆用粉体塗装

支保工

街路灯

支柱及び灯具への粉体塗装
母材:溶融亜鉛めっき鋼材など
下地処理:リン酸亜鉛皮膜処理
塗料:ポリエステル樹脂粉体塗装

街路灯