溶射実績

耐腐食用途「ポンプ用インペラーへの耐腐食溶射」

ポンプ用インペラーにセラミックを溶射をする事で、部品の寿命を向上させる


ポンプ用インペラーへの耐腐食溶射

酸性液中で使用される水流ポンプ用インペラーは、酸による腐食を受ける。腐食したインペラーは交換しなければならないが、酸液中のインペラーを交換する作業は、危険であり交換時間も要する。セラミック溶射する事でインペラーを酸による腐食から防ぎ、危険なインペラー交換作業を軽減することができる。

耐熱用途「トーチヘッドへの耐熱溶射」

溶接用トーチヘッドへのセラミック溶射による耐熱性向上

トーチヘッドにセラミック溶射する事で、耐熱性を向上させる 。
 


溶接用トーチヘッドへの耐熱セラミック溶射

溶接機の先端で使用されるトーチヘッドは、金属製であるが、溶接の際に発生する熱でやられ易い。そこで、トーチヘッド前面に耐熱性に優れたセラミックスを溶射する事でトーチヘッドの寿命を延ばし、トーチヘッド交換の手間を軽減する事ができる。

耐摩耗用途「セラミック溶射2」

セラミック溶射による交換部品の耐摩耗性向上

摩耗し易い部位にセラミック溶射する事で、部品の寿命を向上させ、交換作業を低減する。

  • ポンプ・スリーブ
    ポンプ・スリーブ
  • メカニカル・シール
    メカニカル・シール
  • カラー
    カラー
  • シャフト
    シャフト
 

耐摩耗用途「インペラーへの耐衝撃溶射」

グリッドブラスト用インペラーへの耐衝撃溶射

耐摩耗用途での、プラズマ溶射技術の活用


ショットブラスト用インペラー

 
インペラー羽根表面が摩耗していくとブラストショットの力が低下し、ブラストの仕上がりが悪くなる為、摩耗したインペラーは交換しなければならない。摩耗に強い物質をを溶射する事によってインペラーを長持ちさせ、交換する手間を軽減する事ができる。
 

インペラー摩耗の比較

 

上画像 使用1ヶ月後
左:溶射品  右:未溶射品 

耐絶縁用途「電極への絶縁溶射」

電極にセラミック溶射する事で、絶縁したい部位を絶縁する。


電極 耐絶縁用途

高電圧で使用される電極の絶縁したい部位をセラミック溶射する事で、優れた絶縁特性を与える。アルミや銅などの金属は、熱膨張率が高くセラミックを溶射する事は難しいが、独自の溶射技術により 1mm 以上の圧膜溶射を可能とした。

電気的特性
試料 絶縁耐圧(kV/mm) 体積抵抗率(Ω・cm)
アルミナ 5.3 4.6×10^11
イットリア 7.7  1.1×10^14

※常温(23℃)で測定

耐絶縁用途「電極へのセラミック溶射」

耐絶縁用途:電極へのセラミック溶射

電極にセラミックを溶射する事で、絶縁したい部位を絶縁する。


溶射実績:絶縁用途:電極へのセラミック溶射

 
高電圧で使用される電極の絶縁したい部位をセラミック溶射する事で、優れた絶縁特性を与える。アルミや銅などの金属は、熱膨張率が高く、セラミックを厚膜溶射する事は難しいが、独自の溶射技術により1mm以上の厚膜溶射を可能とした。

溶射実績

耐絶縁用途「電極へのセラミック溶射」

耐絶縁用途:電極へのセラミック溶射

電極にセラミックを溶射する事で、絶縁したい部位を絶縁する。


溶射実績:絶縁用途:電極へのセラミック溶射

 
高電圧で使用される電極の絶縁したい部位をセラミック溶射する事で、優れた絶縁特性を与える。アルミや銅などの金属は、熱膨張率が高く、セラミックを厚膜溶射する事は難しいが、独自の溶射技術により1mm以上の厚膜溶射を可能とした。