溶射

溶射

溶射とは

溶射とは、金属・セラミックス・プラスチック等の粉末(溶射材)を、加熱溶融し、基材表面に吹き付ける事で、耐腐食、耐摩耗、絶縁被膜を形成する表面改質技術である。金属・セラミック・をはじめとるす様々な基材に溶射でき、シャフト・ポンプリーブ、電極、ボイラーチューブなど 使用用途が拡大している。

溶射 トップページ画像

 

溶射工程

脱脂  → 前処理  → プラズマ溶射  → 仕上げ工程
 (ブラスト処理) (研磨・封孔処理)

 

プラズマ溶射の特徴

  プラズマ溶射は、10,000℃以上の熱源を用い、下記のような特徴を有しています
1. 皮膜材料の選択自由度が大きい
プラズマの温度と速度をコントロールすることで、セラミックをはじめとする高融点材料を溶射できる。
2. 母材への熱負荷が小さい
母材を200℃以下に制御できるので、母材が熱によって変形を起こすことがほとんどない。
3. 皮膜形成速度が速い
めっきと比較して、厚膜も短時間でできる。

 

溶射の基本工程

溶射の基本工程

 

射被膜の利用法

防錆・防食/肉盛・装飾 /耐摩耗性 /絶縁性・導電 /離型性 /耐熱性(高温酸化防止)