ビル外装建材の粉体塗装

ビル外装建材の粉体塗装

粉体塗装は環境対応と性能向上を両立させることが出来ますが、 十分な設備能力と品質管理技術が必要になります。 当社は、45年以上の粉体塗装の実績から下記の様な対応を可能にしております

①塗装設備を10ライン所有

コスト・納期対応・品質確保の観点から最適な塗装ラインを選択することが出来ます。

 中部地区最大級の塗装設備能力を誇ります!!

②最大15mまでの長尺製品の粉体塗装が可能です

塗装に不可欠な前処理も、15mまで対応が可能です。 素材(母材)の受入~一次保管~出荷に至る荷役能力・スペースも確保しております。

③最大3tまでの重量物の粉体塗装が可能です

厚板の粉体塗装で重要な塗膜硬化性確認も、炉内温度測定装置を用いて管理します 。 最大t100mmのスチール無垢材への粉体塗装施工実績があります 。

④様々な母材種に対応が可能です

スチール、溶融亜鉛めっき鋼材(先めっき材及びどぶ漬けめっき材)、 アルミニウム合金、ステンレスなど、 様々な母材種に対応するため、各種前処理設備を揃えております。

⑤品質管理技術

塗料の性能を最大限に引き出すため、様々な計測器や試験機を用いて、塗膜形成プロセスの管理とその結果得られた塗膜の品質確認を行います。

社内試験用設備一覧